交通事故に遭った私の骨折日記と色々

骨折日記と作った料理やスイーツなどのブログです。

スポンサーリンク

【手作りスイーツ】抹茶のシフォンケーキ

スポンサーリンク

こんにちは、サトー政吉です。

このブログに足を運んでいただき、ありがとうございます。

今回は抹茶を使った、抹茶シフォンケーキのレシピを紹介します。

以前の記事にはその他のシフォンケーキのレシピや道具についても書いています。

satomasakichi.com

良かったらも参考にしてください。

読んでいただいた方の参考になりましたら、大変光栄です…

抹茶のシフォンケーキのレシピ

材料


材料(17cm型)

  • 卵黄(M) 5個
  • 油 50cc
  • 牛乳 60cc
  • 薄力粉 75g
  • 抹茶 大さじ2
  • 卵白(M) 5個
  • グラニュー糖 65g

使用した材料について

抹茶


私は富澤商店の
製菓用抹茶パウダー / 40g
を使用しました。

粒子が細かく、使いやすい抹茶です。


下準備


下準備

  • 薄力粉と抹茶は合わせて、高い位置からオーブンシートなどの紙の上に2度ふるっておく。※高い位置からふるう事により、たくさんの空気を含み膨らむ要因の一つとなります。
  • オーブンは180℃に予熱する(私は手際が悪いので、メレンゲを泡立てている途中で予熱し始めます)。


作り方


作り方

  1. 軽く溶きほぐした卵黄に、グラニュー糖少量(計ったグラニュー糖のうち、1/3量よりも少し少ないくらい)を加えて、白っぽくなるまでハンドミキサーを使って混ぜる。
  2. 1に油を加え、またハンドミキサーでよく混ぜる。
  3. 2にレンジで人肌にあたためた牛乳を加えて、ハンドミキサーでよく混ぜる。
  4. ハンドミキサーのビータ(羽)を外し、ボウルに立てかけておき、その上から合わせておいた薄力粉と抹茶をふるい入れる。
  5. 立てかけておいた、ビータ2本を一緒に片手で握り、それを使ってよく混ぜる。
    ※ここで卵黄パートは終了。ビータが1組しかない場合はここでよーく洗ってしっかりと水気をとっておく(よく洗えていないと卵白の泡立ちが悪くなるため)。2組持っている場合は付け替える。
  6. 別のボウル(卵黄で使ったボウルより大きめ)に卵白を入れ、ハンドミキサーの低速(弱)で卵白のこしを切る。
  7. 残ったグラニュー等の半分を入れ、ハンドミキサーの高速(強)でメレンゲがおじぎするくらいまで泡立てる。
  8. 最後に残ったグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーの高速(強)で、手にメレンゲの重みを感じ、つやがでてくるまで混ぜる。
  9. ハンドミキサーを低速(弱)にし、ゆっくりと1分くらいかけてメレンゲに円を描くように混ぜる(メレンゲのキメを整えるため。※ここでハンドミキサーを使う作業は終了。
  10. メレンゲを1/3量、卵黄のボウルに入れ、ゴムベラを使って切り混ぜする(しっかり混ぜて大丈夫)。
  11. また、メレンゲ1/3量を卵黄のボウルに入れてゴムベラで切り混ぜする(この時はメレンゲの白が残っているような、マーブル状くらいの混ぜ加減で大丈夫)。
  12. 11のボウルの中身をメレンゲのボウルに入れて、ゴムベラで切り混ぜする。
  13. 少し高めの位置から生地を型に流し入れ、ゴムベラを使い平にならす。
  14. 台に生地が入った型を数回トントンと叩き、大きな気泡を無くす。
  15. 180℃のオーブンで、25分焼く。
  16. 焼き上がったら、高さのある器に型の中央部をのせて、逆さにして冷ます。
  17. 冷めたら、乾燥しないようにラップをかぶせ、冷蔵庫で数時間保存する。

型の外し方(手外し)

  1. 手を綺麗に洗い、焼き上がったシフォンケーキを上から押す。※しぼんでしまうのでは…と思うが、写真のように綺麗に外れ、つぶれた部分も元に戻る。
  2. サイドからも押し込み、底面を外す。
  3. 最後に中央部。竹串や細い箸などで型の中央部に沿わせるように1周する。
  4. 型から外して完成!



スポンサーリンク


ホイップクリームとあんこをトッピングしました

生クリームを泡立ててホイップクリームを作り、ゆであずき缶を添えて、上から茶こしで抹茶パウダーをふりかけました!

一気に和のシフォンケーキになり、来客時に提供しても喜ばれるスイーツだと思います。


材料や道具をまとめて買えるお店

道具や材料をまとめて買いたい場合は富澤商店cottaのオンラインショップが便利です。

富澤商店




cotta



スポンサーリンク




PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村に参加しております。
↑クリックしていただけると大変励みになります。

今回も最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

スポンサーリンク