交通事故に遭った私の骨折日記と色々

交通事故で骨折をした体験と日常です。

【骨折日記】抜釘手術入院2日目(手術当日)

スポンサーリンク

2021年6月○日

久しぶりの病院の夜

大部屋の他の患者さんはトイレの際に介助が必要な方が多く、夜中はその物音などで何度も目を覚ました。

ただ目を覚ましてもすぐに眠くなったので寝直してトータルとしてはかなり眠れたと思う。

朝起きて普通に気持ちがいいくらい。

この眠ダルさは生理中いつものことで、今回は睡眠をサポートしてくれて良かったかも。

朝看護師さんが血圧、体温、血中酸素濃度を測ってくれた。この看護師さんも前回入院していた私を覚えていてくれた。


空腹と枯渇感とのたたかい

今日は一日絶食。10時までお茶とお水のみ飲水可。

朝7時の時点で既に空腹感を感じていた…

術前の点滴、手術部位のマーキング

私の手術部位は左肘、左足首なので点滴は右手につけた。

そしてはじめて手の甲の血管に…いつもより痛い。

手術をする左肘と左足首にOPと油性ペンでマーキング。

手術する場所を間違えないようにするためだ。
f:id:satomasakichi:20210621213047j:plain



スポンサーリンク



そして抜釘手術

そして手術室から呼ばれ、トイレで手術前の最終排尿を済まして歩いて手術室に向かった。

前回は歩けなかったし、何が何だかわからない状態で手術室に行ったが、今回はしっかりと自分のあしで手術室のベッドに乗る。

手術を担当してくれる先生と看護師さんが集まり、前日に診察をしてくれた麻酔科の先生もきた。

血圧計や心電図をつけ、酸素マスクを口に置き、程なくして眠りに落ちた…

また寝ている間は夢を見ていた。何の夢かは覚えていなかったが、今回は手術室で起こされた時に目が覚めて良かったーと思った。

そしてベッドで部屋に戻ったが、ものすごく気持ちが悪い。前回はなかった全身麻酔の副作用がでたらしい。

ベッドにもどってすぐに吐いてしまった。

そして全身麻酔のみの手術だったので、すぐに手術した部位が痛くなった。

ここからずっと気持ち悪さと痛みとのたたかい…明け方まで辛くて、こんな状態で本当に2日後に帰れるの?と思った。

正直立つのも厳しい。手術前は何でもできたのにまた何にもできなくなってしまった…手術しなかったほうが良かったのでは、と少し後悔。

ベッドで3時間安静後は水も飲めるようになって、飲んだがそれもすぐ吐いてしまった。

途中うつらうつらの時に主治医の先生もやってきた。
「骨とボルトがくっついてしまっていて、正直めちゃくちゃ取るのが大変だった。手術時間も4時間くらいかかった…」と言われて、頑張ってくれた先生に本当に感謝。

  • 足首に入っていたボルト

f:id:satomasakichi:20210621213502j:plain

  • 上腕骨にくくりつけられていたワイヤー

f:id:satomasakichi:20211114202717j:plain

足首のボルトは結構大きかったが、ワイヤーはこんな小さなものが痛かったのか!と思った。

ワイヤーは取る時にちぎれてしまったらしいが、取り残しがないかレントゲンで確認してくれたらしい。

この日は痛み止めや吐き気止めの点滴をしてもらい、なんとか朝を迎えることができた。

あと麻酔の力か、生理だからか、ずっと眠かったので寝ることはできて、時間の経過は早かった。


スポンサーリンク




にほんブログ村 健康ブログ 怪我・骨折・火傷へ
にほんブログ村

ブログ村に参加しております。
↑クリックしていただけると大変励みになります。

今回も最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。